Table for October; WHITE

木のぬくもりに包まれる

秋のホワイト

今月取り上げる色は、前回のベージュに引き続き

誰もが日常的に親しみのある色 です!

まずは今回も白という色の概念から、

ファッションとも関わりのある歴史から始めます♪

***

白とは、人類の歴史の中でもっとも早くから

アートに用いられてきた色のひとつです。

旧石器時代に描かれた、

ラスコーの洞窟の壁画(フランス)でも

描くのに炭酸カルシウムを用いていました。

紀元前のギリシャにおいては、

白は神聖な色であり、光、そしてミルクの色であるとされます。

ローマにおいて白いトガ(布を巻き付けたような衣装)

純白に漂白したものをトガ・カンディダ

呼び、政務官選挙の候補者が着用したと記録されています。

政治にクリーンなイメージは、当時から不可欠だったんですね。

初期のキリスト教における白も、司祭がミサの際に纏う色、

純潔と謙虚、美徳をあらわすシンボル。

その意味は神の子羊の色を指す色としても強調されます。

***

白が儀礼の衣裳の枠を超え、ファッションとして流行するのは

18世紀から19世紀になってからのこと。

そしていま白といえば、誰もがイメージする

ブライダルの色でもありますが、

その歴史は実は意外と新らしいものなんです。

Oscar de la Renta Bridal Fall 2020 Collection - Vogue
https://www.vogue.com/fashion-shows/bridal-fall-2020/oscar-de-la-renta

婚礼、ウエディングに特別な衣装をまとうという慣わしは

古くから続いてきたものですが、

そこに真っ白という概念はありませんでした。

ウェディングドレスに白を着るという認識が西洋に広がるのは

1840年にクイーン・ヴィクトリアがアルバート公と結婚する際に

白いドレス着たところに始まったのです。

(実際にはそれ以前にも白を選んで着た人はいたのですが、

クィーン・ヴィクトリアが人気と注目があったことで

広く認識されるようになったと言われています。)

いつの時代にも人の心や価値観を動かし、

文化を創造する人は人気と支持が不可欠ですね!

***

黒 の反対として位置づけされる

黒― 恐れ、悪、ミステリー(神秘や謎、不可解)

白―明るさ、純粋、善良

何もない無の状態と可能性の両方を意味し、

すっきりと無駄のない洗練された、

シンプルなセンスの良さを印象として与える色として

店舗の内装やパッケージにもよく用いられていますね。

***


***

さて、ここからテーブルのご紹介です!

冬の雪にはまだ早い、けれど冬の訪れを感じさせる風のなか

赤く色づいた実や葉っぱがとても暖かく映える―

先月のベージュに続いて暖かみのある、

秋のホワイトをイメージしたセッティングです♪

ぬくもりを最大限に引き出すために

スタイルはギャザリングでカジュアルに

動線だけはしっかりと確認しておきながら、

斜めに配置したり、動きや遊び心を大切に展開してみましょう♪

すべてホワイトのキャンドルを使うと、特に高さがある場合は

時としてとてもフォーマルな雰囲気に。

すこし崩したいときはカラーキャンドルがおすすめです◎

今回のパンプキンはベルベットで作ったもの

本物のカスペリータ(白いかぼちゃ)も可愛くて大好きですが、

切り株やプレートのウッド素材に対して

お洋服のニットのような質感の違いが欲しかったので

合わせて作ってみました♪

ちなみにこの短いキャンドルはいつもMaduで購入しています。

長いトールキャンドルの半分くらいの丈は、

ほかのアイテムとのバランスも取りやすく

一回のホームパーティでちょうど使い切れる優れもの

色んな色があってどれも可愛いんです♪

そして年中良いアクセントになってくれるカラーグラスも、

温かさを演出したい秋冬にはさらに重宝します。

質感も今の気分にぴったりとはまるWilliam Yeoward

コレクションから

グリーンと実もの以外の生花は、

キャンドルホルダーに沿わせた白いマムだけの

実はとっても気楽なアレンジ♪

今回のように小物を揃えて並べたい場合や、

一つひとつのアイテムのディティールが凝っている場合には

あえてお花よりグリーンで引き立ててあげると

バランスを取りやすくなります。

なんだかごちゃっとするかも、と思った時には

潔くお花を引いて眺めてみるのも提案のひとつ

***

白のお話と、秋のホワイトのテーブル

皆さんにお役立てて頂けそうなヒントがありましたでしょうか♪

今月もお付き合い頂きありがとうございました!