Table for September; BEIGE

柔らかな色に囲まれて

夏から秋への移りかわりを楽しんで

秋の始まりにはお洋服でも

たくさん並び始める”ベージュ”

そんな秋の定番ベージュには、

実はとてもドラマティックな

シンデレラストーリーともいえる歴史があります。

簡単にではありますが、ぜひ身近な色

ベージュの色のストーリーを知って頂くところから…

後半では少しまだ夏の名残を感じる質感や色を足しながら、

レッスンテーブルをご紹介します♪

ベージュ ― 「茶」に「白」を足した色

または 「明るい、灰みの、赤みを帯びた黄」

黄色と橙色(オレンジ色)の間の色相に、

明るいグレーを混ぜた色

原色やビビッドカラーとは異なり、何色とは断定できないような

曖昧で淡いトーンの色を指す “ニュアンスカラー”として表現されます。

ブティックでもやはり、よく耳にする単語ですよね。

オレンジやイエローのスカーフ等と

コーディネートしやすいのは、ベージュ自体がその延長にいるからなんです。

Caucasian Skin Tone Color Palette | Colors for skin tone, Skin color  palette, Color theory

***

ベージュが現在のような”ファッショナブルな色”として

評価され始める歴史には、1900年代初頭の

モダン・デザインの始まりと強い関わりがあります。

実はそれまでの長い歴史の中でベージュは、

”貧しさ”や”質素”、”庶民”の色として

あまり良いイメージではありませんでした。

1066年のノルマン侵攻を描くロマネスク バイユーの麻のタペストリ
ロマネスクという言葉自体が「ローマ風の粗野な」「質素な」という揶揄した言葉とされる

確かに、染色されて作られる白や、例えば特権階級の象徴として

儀礼服などに用いられることの多い紫やゴールド、赤、青に比べると

ベージュというのは手の施されていない、素材そのままという

状態を指す色だったんですね。

***

その歴史がモダン・デザインの幕開けにより

がらりと変貌を遂げるベージュなのですが、

その前に、

皆さんがブランドからイメージするカラーはありますか?

ロゴの色、箱の色、ショッパーの色、代表作の色…さまざまなところで

ブランドと強く繋がっているカラーには、

色名にそのブランドの名前がついているものがあります。

例えば ティファニー・ブルー

エルメス・オレンジ

ディオール・レッド

サンローラン・ピンク

ではベージュは?

答えは シャネル です!

シャネルのリトルブラックドレスのイラスト
1926年のVogue掲載“フォード・ドレス”

黒をファッションとして取り入れ

”リトルブラックドレス”の概念を作り上げたことで

知られるシャネルなので、ブラックでは?と思われる方も

いらっしゃると思いますが、色名としてシャネルを持っているのは

シャネル・ベージュ

そして同時に、ブラックとも深い繋がりがあります。

***

建築やインテリアがお好きな方はご存知の方も多いはず、

この1900年代初頭 モダン・デザインの時期に活躍したのは

ル・コルビュジェ(フランス/出生はスイス)

ミース・ファンデルローエ(ドイツ)

フランク・ロイド・ライト(アメリカ)

「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる三人です。

075
大正12年(1923)に完成した
フランク・ロイド・ライトによる旧帝国ホテルは1967年に解体され、
1985年に正面玄関部分のみが愛知県の博物館明治村に移築されている

自動車業界では、アメリカのフォード社”T型フォード”という

車を大量生産し、やはり時代の象徴となります。

***

そしてファッション界で台頭するのが、シャネルなのです。

一世を風靡し歴史を変えたリトルブラックドレス、

その足元に佇んでいたのはどんな靴でしょうか?

それは今もなおブティックに並んでいるあのデザイン、

ベージュとブラックのバイカラーの靴でした。

”肌の色と同じベージュで脚を長く見せ、

つま先のブラックで足を小さく見せる”

その組み合わせ、色の機能性、ファッション性こそが功を奏し、

リトルブラックドレスの黒と並んで

ファッション界のモダンデザインの規範

シャネル・ベージュと呼ばれる地位まで高めたんですね。

普段なにげなく目にし、選びやすい選択肢のひとつとして

触れている色のなかに実はそんな歴史が隠れていました。

***

続いて、レッスンでご用意していたテーブルです♪

今回は一番大きな面積を占めるリネン=テーブルクロス で

ベージュを取り入れました。

夏のテーブルに求めたくなるのは

涼しさや爽やかさ、または暑さを楽しむホットな雰囲気。

その季節を過ぎて、風は少し肌寒くなり、色づいていく葉っぱ…

実りの季節の訪れを感じ始めるころをイメージしています。

センターピースには木の枝を模ったキャンドルスタンド、

起毛のように見える暖かな質感のフラワーや

木の皮を巻いたキャンドル、大理石のキャンドルホルダー

バスケットなど暖かな質感のものを選んで配置しています。

ガラスもいくつか花器やキャンドルに使っていますが、

クリアなままは避けてカラーガラスまたは

木の皮を巻いてアレンジ

水の気配を出さないのがポイントです◎

そしてすべてを暖かい質感にしてしまうと

今度はイメージした季節からは暑苦しくなってしまうので、

個々のセッティングにはセンターピースとは反対に

まだ残る暑さに対して涼しさを心地よく感じられるような

クリアな質感のものを選びました。

プレートも重ねていくと暖かな雰囲気が増すので

クリスマスなどのおもてなしにはぴったりなのですが、

今回はあえて1枚しかセットせずすっきりと。

秋色の、ノースリーブのワンピースのような感覚ですね!

センターピースに置いたドライのリーフの色と、

個々にセットしたナプキンのセージグリーンのような色は

よく似た雰囲気を持っていて、

それがセンターピースと個々のセッティングの

良い繋ぎの役割をしてくれています。

先にもご説明したニュアンスカラーの場合、

曖昧で柔らかな色味が魅力である反面

ただ広い面積に広げるだけでは

ぼやっとした印象になってしまうことも。

強い色を入れすぎると主役のベージュが負けてしまうので、

ベージュの延長線上にある色、ブラウンのマットを重ねて

引き締め色として使いました。

こうすることで、面積は減りながらもベージュの色も

よりしっかりと存在感が感じられるようになります。

バスケットは定番のFortnum & Mason

普段はあまり混ぜて使うことをしないかすみ草も、

今回の暖かさとクリアな透け感のバランスを取るのにあたり

フロストグラスと同様、とても良い雰囲気を出してくれました♪

長くなってしまいましたが、

皆さんの心になにかひとつでも響いたもの

新しい情報がありましたら嬉しいです!

今回もありがとうございました♪