Table for August; PINK

夏の日差しに負けないピンクで

パラダイスリゾートの雰囲気を

女性ならきっと誰もが好きな色 ピンク

今回はそのピンクの色をピックアップします♪

テーブルの写真の前に

少し遡り歴史に触れてみると、ピンクという言葉の由来は

17世紀にエリザベス女王が好んだとされる

花の名前 “ピンク”(ナデシコ)からつけられたものです。

それ以前はおもに”バラの色”と表現されてきました。

色としてのファッション性、文化的注目が集まるのは18世紀

ルイ15世(ロココ)の時代にかの有名なポンパドゥール夫人が

セーブル窯で作ったロココピンクは有名ですね。

同じくロココを代表する宮廷画家、フランソワブーシェ、

フラゴナールも作品にピンクを多く使いました。

・フラゴナールの代表作“The Swing”
://www.wallacecollection.org/collection/les-hazards-heureux-de-lescarpolette-swing/

つぼみの色であり、これから花開く状態であり、

衰えを知らず、死に近づかないという位置づけのピンクは

まさに女性にとっての願いを叶えるもの。

美容に関わるものやインテリアにも用いられます。

1950年代の女優 Jayne Mansfield’s の Pink Palace と呼ばれた自宅
【Think Pink】というフレーズをご存知ですか?

これは”ポジティブに考える”という意味をさし、

希望や安定、バランスという、ピンクの色の意味を踏まえての言葉です。

1957年のオードリー・ヘプバーン主演の映画

【 Funny Face 】では、劇中 Think Pink という歌が登場します♪

ここ数年はまた、ロンドンを中心に

ピンクの外観や内装のお店が人気を呼び話題になっています。

どの時間にも行列のできていたPeggy Porschen♪

かの有名なファッション誌Vogue アメリカ版編集長のアナ・ウィンターも、

2019年の Met Gala ではピンクのドレスを着用していました。

Mandatory Credit: Photo by Matt Baron/REX/Shutterstock (10225578q) Anna Wintour Costume Institute Benefit celebrating the opening of Camp: Notes on Fashion, Arrivals, The Metropolitan Museum of Art, New York, USA – 06 May 2019

***

ピンクの色から連想するのは・・・

コットンキャンディ、バレリーナ、血色、パウダーパフ、

花びら、バラ、サーモン、フーシャ、コーラル、マゼンダ、

ピンクグレープフルーツ、フラミンゴetc.

***

今回はその中でも夏の日差しにも負けない

しっかりとした発色のピンクを使って、

パラダイスをイメージしたテーブルです♪

大きな面積で取り入れると

少し暑苦しくなってしまう強い色は

バランス良く分散させて使うのがおすすめ◎

アクセントには可愛いフラミンゴのナプキンリングを♪

程よい高さがあって、長めに使ったケイトウと

円形のマットの間をバランス良く繋いでくれます

グラスのステムもフラミンゴで

遊び心のあるものをチョイス♪

プールサイドカクテルのような

丸みを帯びた形も全体のテンションにぴったり

濃いピンクと濃い色のテーブルのバランスを取るのに

間には薄めのピンクと少し柔らかなトーンのパープルを

ラン系のバンダは水のある場所のイメージによく映えます♪

私がテーブルをセッティングする時の持論は

アイテム一つひとつがテーマやイメージする雰囲気と

繋がりを持ってくれていること♡

そして質感やキャラクター性が重複しすぎないこと♪

ここでシルバー一色のカトラリーが並んでしまうと

せっかくのリゾート感がそこだけノリの悪い印象に・・・

もちろん、全体で考えるのか、ポイントで取り入れるのか、

どちらもOKなので不正解というのはありません。

賑やかな雰囲気を作りたいとき、シンプルにアクセントを入れたいとき、

それぞれにちょっとユニークな小物があると

テーブルはより楽しくなると思います♪